News&Information

2013-02-08

【pickUp】もうすぐシーズンイン!飛行機輪行にオススメ輪行袋・ケース

アイアンマンジャパンの復活や4月の宮古島など、トライアスロン遠征が話題になる事が多くなってきました。

トライアスロン遠征で気になるといえば、輪行の方法。輪行袋(ソフトケース)やバイクケース(ハードケース)など、用途に応じてさまざまな製品が出ていますが、人気・実力ともに高いのがオーストリッチとACOR。

■ソフトなのにしっかりガード OSTRICH OS-500
オーストリッチは輪行袋のトップブランドとして人気が高いですが、中でもトライアスリートにオススメなのは輪行袋OS-500。厚手の外装で袋タイプながらバイクをしっかり保護。表面には多国語で取り扱い注意の表記があるのも安心です。

■ハードだけど軽くてコンパクト ACOR バイクポーターPRO
ハードケースタイプで定番はACOR バイクポーターPRO。軽量コンパクトなケース、ベルトで着脱できるキャスター、底の抜けを防ぐキャリングカバーなど使い勝手がよく、LUMINA.comスタッフにも愛用者が多いです。

■OS-500とバイクポーターPROどちらを選ぶ?
・見た目のコンパクトさならOS-500
外寸で比べると、OS-500もバイクポーターPROもほぼ同じ大きさ。実はこの2製品とも、飛行機へ搭載する時に超過料金にならないようサイズを決めているんです。どちらも他メーカーのようにでっぱりがあったり重かったりという事がありません。さらにOS-500は「袋」形状なので四隅がすぼまり、かさばりにくいのがメリット。電車に持ち込んだときの威圧感も和らぎます。

・移動しやすさならバイクポーターPRO
バイクポーターPROには別売りのキャスターを取り付け可能。箱型の形状を活かして上面に手荷物を載せる事もできるのでホームや駐車場までの移動がとても楽になっています。ケース内にも荷物を詰め込めるので、荷物を減らしたい人にもオススメです。

OSTRICH OS-500 23,100円
http://triathlon-lumina.com/shop/selection/rinkoubag3.html

ACOR バイクポーターPRO 8,925円
キャスター 5,775円
保護カバー 3,990円
※ケースだけでも利用できますが、移動しやすさや底の抜け防止にキャスターとカバーのご利用を推奨します。
http://triathlon-lumina.com/shop/selection/rinkoubag1.html
OS-500
バイクポーターPRO(オプションの保護カバーとキャスターを装着)