News&Information

2017-02-06

CANYON史上最軽量モデル「ULTIMATE CF EVO」が登場

バイクブランドのCANYONから、フレーム平均重量665g、フォーク平均重量270g、市販モデルとしてはCANYON史上最軽量モデルとなる「Ultimate CF EVO」が発売される。

特殊なカーボンファイバー「ピッチ系ウルトラ・ハイモジュラスカーボン」の採用により、十分な剛性と反応性をもちながら、一層少ない材料で軽量化を達成。フレーム、フォークのみならず、シートポスト、ステム一体型ハンドルバーも他のUltimateシリーズと同様の耐久テストを実施。耐久性、安全性は厳しい社内テストをクリアしている。

Ultimate CF EVO は2つの完成車仕様とフレームセットでの発売となる。極限の軽量化と妥協の無い実用性を両立したUltimate CF EVO 10.0 SL(完成車平均重量 4.96kg)、最先端をいくコンポーネントを採用したUltimate CF EVO 10.0 LTD(完成車平均重量 5.8kg)。フレームセットにはステム一体型ハンドルバーH36 Aerocockpit CF と S15 VCLS2.0 シートポストが付属する。

Ultimate CF EVO を詳しく紹介している特設ページもチェック。
https://www.canyon.com/evo/


■Ultimate CF EVO 10.0 SL
1,099,000 円(税別)
平均重量:4.96kg
ホイールセット:Lightweight Meilenstein Obermayer Tubulars incl.
Ceramic Speed Bearings
タイヤ:Continental Podium TT 22mm
コンポーネント:SRAM Red 22

■Ultimate CF EVO 10.0 LTD
1,429,000 円(税別)
平均重量:5.8 kg
ホイールセット:Lightweight Meilenstein Clinchers incl.
Ceramic Speed Bearings
タイヤ:Continental Grandprix TT
F:23C, R:25C
コンポーネント:SRAM Red eTap

■Ultimate CF EVO フレームセット
369,000 円(税別)
平均重量:665 g(フレーム)

CANYONブランドサイト
http://www.canyon.com
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/Canyon.JP/
(C)Canyon Bicycles