表示価格はすべて税込価格

LUMINA SELECTION

毎月トライアスロンの利用シーンにあわせて
おすすめのアイテムの機能やラインナップを紹介する
LUMINA SELECTION。

運動の前・中・後で飲み分ける

ウイダーパフォーマンスサポート飲料

第14回ひわさうみがめトライアスロン ウイダーレポート

3種類が3種類を進化させる。

ウイダー もういつ何を摂るか悩む必要はない。レース前中後のタイミング別補給の新提案。ウイダーパフォーマンスサポート飲料シリーズ、人気大会「ひわさうみがめトライアスロン」で、トライアスロン界にデビュー。

アップダウンが激しいタフなバイクコースでは、水分とエネルギー補給は欠かせない
エイドステーションでは、レース中の補給に適したエナジーウォーターKEEPを提供
優勝はウイダーがサポートする細田雄一選手。地元徳島県出身ということもあって終始笑顔でゴール

海、山、川、田園と日和佐地区が抱える豊かな自然を活かしてデザインされたコース。風光明媚でありながら、各地からのアクセスも良好。地元住民の温かなサポート。タフなコースにも関わらず、いや、タフなコースだからこそか、「ひわさうみがめトライアスロン」は、西日本屈指の人気を誇る。
7月開催ゆえ猛暑に見舞われることの多いこのレースにおいて、ウイダーは、長年にわたり、トライアスリートのコンディショニングを支え続けている。支給品袋を開くと目に入るウイダー製品は、多くのトライアスリートに勇気を与えてきたに違いない。
いつ、何を摂るかをある程度、自らコントロールできるトライアスリートにとって、補給のスキルも、競技力のひとつとなる。適確な補給は、自らのパフォーマンスに直接影響する。
レース前には、即効性のあるエネルギー源を。レース中には、持続性のあるエネルギー源に加え、そのエネルギー源を効率よくエネルギーに変換するビタミンB1を含むビタミンB群、さらに、失われる水分やミネラルを、動く体が吸収しやすい形で。そして、レース後には、酷使した体のリカバリーを目的としたプロテインとクエン酸の補給。これが、今と、そして次からのパフォーマンスのための適確な補給だ。
しかし、補給の大切さは理解していても、実際に自分がレースの時に適確な補給をしようとサプリメントを準備することは、簡単ではない。世の中にある膨大な数のサプリメントの中から、必要なものを選び出すのは、ただでさえ準備することの多いトライアスリートにとって、大きな負担になることもある。

優勝はウイダーがサポートする細田雄一選手。地元徳島県出身ということもあって終始笑顔でゴール
ウイダーは、すべてのアスリートが、より適確な補給ができることを追求し、レース前中後、それぞれのタイミングにふさわしい栄養成分をセレクト。新たに、性格を異にする3種類のサポート飲料を作り上げた。
「UP(アップ)」「KEEP(キープ)」「BODY(ボディ)」がラインナップする、ウイダーパフォーマンスサポート飲料シリーズ。運動前、運動中、運動後の体の状態を精査し、その状況におけるパフォーマンスの向上を目指したシリーズだ。もちろん、機能性に加え、その時々で摂りやすいよう、「おいしさ」と「飲み口」も十分に考慮されている。
3種目のパフォーマンスを進化させる3種類の飲料。その時に飲むべきものは、ここに揃っている。

いつ飲むかでパフォーマンスが決まる

アスリートの声から生まれたパフォーマンスサポート飲料

  • UP レース前

    エナジードリンク アップEnergy Drink UP

    ココロとカラダを競技モードにシフトアップ。糖質・ビタミンB群(6種)・アミノ酸(BCAA、アルギニン、シトルリン)・カフェインですばやくエネルギー補給。心地よい微炭酸が気持ちをスイッチさせる炭酸飲料。

    before
    レース参加者の声

    保田直哉さん(京都)

    総合タイム
    2:24:58(35-39エイジの部1位)

    心身ともにスイッチが入る

    練習やレース中のドリンクは、常に自分で勉強して、自分に合うものを選んでいます。重視するのは、味と体感。使ってみておいしいのはもちろん、自分のパフォーマンスが上がったと実感したものを使い続けています。
    今回、初めてUPを摂りましたが、スタート直前の緊張感のある場面、ここぞという時に飲むのに適していますね。UPのテイストと微炭酸が、刺激になって心身ともにスイッチが入る感じです。毎日のトレーニングで使えば、その日一日集中力が持続し、いい一日が過ごせたり、いいトレーニングができるような気がします。

  • KEEP レース中

    エナジーウォーター キープEnergy Water KEEP

    吸収速度の異なる3種類の糖質による継続性エネルギー供給で、パフォーマンスをキープ。ビタミンB群(4種)・ミネラル(4種)・クエン酸配合。体に吸収されやすいハイポトニック飲料。爽やかなレモン風味。

    race
    レース参加者の声

    藤本文也さん(兵庫)

    総合タイム 3:20:09

    ビギナーでも飲むタイミングが分かる

    今まで、球技ばかりで持久系スポーツは未経験。トライアスロン自体が初挑戦です。
    もともと運動中には、スポーツドリンクより水の方が好きでした。でも、KEEPは、爽やかな口当たりで、口の中がベタベタすることもなく好印象です。
    ビギナーだと、どのタイミングで何を飲むのがいいかわからないので、ディレクションしてもらえるのは助かります。トライアスロンは3つのパートに分かれているので、準備が難しい。前に飲むものはこれ、間はこれ、終わってからはこれと、ちゃんと分かれているのはとてもありがたいですね。

  • body レース後

    プロテインドリンク ボディProtein Drink BODY

    運動後のプロテイン補給による体作りは、次の運動のパフォーマンスへの第一歩。プロテイン15g配合のおいしいヨーグルト風味。プロテイン性能を高めるEMR(酵素処理ルチン)42mg配合。

    after
    レース完走者の声

    岩城 彩さん(大阪)

    総合タイム
    2:51:57(25-29エイジの部1位)

    動いたあとでもおいしいプロテイン

    スポーツクラブで働いているもので、レッスン後にウイダーのリカバリーパワープロテインを摂っています。レッスンの本数が1日に偏るので、トレーニング系のレッスンは、筋肉の疲れを残さないようプロテインは意識して摂るようにしています。
    今日のレースは、自分でもバテたなと思って帰ってきたんです。フィニッシュしてすぐBODYを摂りましたが、飲みやすい味ですね。嫌な甘さもなく、これなら動いたあとでもおいしく飲めます。しかも、缶タイプで手軽に飲めるので、めんどくさがりの私でも継続して摂ることができそうです。

Vol_1_s

(2013年9月2日掲載)

LUMINA No.24 10月号誌面連動記事

表示価格はすべて税込価格です。
※ページ内の表示価格は税率の変更や価格改定などの理由により、誌面掲載時の価格と異なる場合があります。