表示価格はすべて税込価格

LUMINA SELECTION

毎月トライアスロンの利用シーンにあわせて
おすすめのアイテムの機能やラインナップを紹介する
LUMINA SELECTION。

完全トライアスロン仕様

GPSウォッチ
(ForeAthlete910XTJ)

ガーミンだからできた
マルチスポーツウォッチ

スイム、バイク、ランで使える完全トライアスロン仕様。20時間駆動で、日々の練習はもちろん、ロングのレースまで楽々カバーし、日本人アスリートのニーズにもきめ細かく対応した日本版ForeAthlete910XTJ。トライアスロンライフに新たなモチベーションをもたらす、その実力に迫る。

ForeAthlete910XTJ

GPSウォッチ(910)単体:¥42,984
販売終了
LUMINA限定トライアスリートセット:¥68,813
・ForeAthlete910XTJ
・バイク用スピード/ケイデンスセンサ
・プレミアムハートレートセンサ&ストラップ
・クイックリリースキット
特典:LUMINAオリジナル・バイザー付き
販売終了
Prologue

スポーツウォッチからナビ、スマホまで、今やGPSが付いている製品は珍しくないが、ガーミン製品はその中でも特別なポジションにある。
アメリカ国防省が軍事衛星による位置測定システムの機能を一部民間利用に解放した1980年代にいち早く技術開発をスタートさせ、以来世界中の技術者を巻き込みながら、常にGPS製品開発の最先端を走り続けてきたからだ。
特に測定の精度の高さ、それを様々な機能に展開する技術力で、ガーミンは他を圧倒し続けている。例えば1秒間に1回位置を測定するため、ランニングでの距離計測なども正確なのだが、ガーミンの場合、それだけでなく電波の感度が強い。
スピードの変化などに対する処理能力(追従性)が高いため、建物の反射電波の影響を受けにくいようだ。
また、日本向け製品では、米国GPSに加えて日本の位置測定衛星「みちびき」による測定機能をプラスし、さらに精度を高めている。
スイム、バイク、ランをカバーするForeAthlete 910XTJ(以下、910)の測定可能項目は実に108。
ガーミンのすごさはこの機能と精度に対するこだわりにある。910はガーミンだからこそできた高性能・多機能なマルチスポーツウォッチなのだ。

多くの選手が愛用
アイアンマンなどでの選手の使用率も高い
910。2013年のコナでもプロからエイジまで
多くのユーザーがいた

マニュアルを読まなくても感覚で使える「日本版」

910の良いところは多機能でありながら、とても使いやすくできていることだ。
最初に紹介したように、計測、表示、記録できる項目は3種目合わせると108項目に達するが、これらをわかりやすく分類し、最小限のボタン操作で自在に使用できるよう、機能の階層レイアウトにも工夫を凝らしているため、分厚いマニュアルを読み込まなくても感覚的に慣れていける。
自分がほしい機能を種目ごとに設定でき、ペースや距離、タイム、心拍数、消費カロリーなどを表示する画面は、種目(ラン、バイク、スイム、その他)ごとに設定できる。表示は最大4分割で4画面、つまり種目ごとに16項目まで設定が可能。
選択可能な項目はたくさんあるが、ポップアップ式のウインドウが開いてそこから選べるので、ケータイやPCに慣れた人なら戸惑うことはないだろう。
一度に設定しなくても、とりあえず使いそうな項目を1〜2画面に入れておいて、使いながら画面構成をカスタマイズしていける。大きく表示したい項目がある場合は3分割か2分割に設定すれば、画面が見やすくなる。
画面の切り替えは▲▼ボタンで簡単にできるので、ランニング中なら走りながらでも可能だ。

4分割表示
最大4つのデータ項目が分割表示できる910の画面。ランでの4分割表示なら、例えば①タイム、②距離、③ペース(分/㎞)、④心拍数表示するなど、一度に情報を把握できて便利
3分割表示
3分割表示にすれば、一番見たい項目を見やすくできる。あらかじめ5段階の心拍ゾーンを設定しておけば、ゾーントレーニングも簡単

J4ブラケット
分割表示のデータ項目数はENTERボタン長押しで簡単に設定できる

ちなみに使いやすい階層レイアウトの設計は日本版独自の工夫とのこと。地域特性に応じて使い勝手を考えるあたりにも、世界中で多くのユーザーに支持されながら製品を進化・発展させてきたガーミンらしい姿勢が表れている。

そのほかにも、ユーザーにうれしい機能が随所に見られ、使えば使うほど愛着が湧いてくる。
設定したペースや距離に達するとアラームやバイブレーションで教えてくれるアラート機能は、このとき同時にディスプレイのバックライトが光るので、夜間でも画面を確認することができる。
また、赤信号などで止まったときに計測を自動的に一時停止し、動き始めると再開する自動ポーズ機能も、実際に使ってみると非常に助かる。

使いやすいバックライト
バックライトは自動ラップ表示などと連動して点灯するほか、画面上のボディを2回叩くことで点灯する。ボタンを押すのがわずらわしいときにうれしい機能

RUN

走りながら多機能をフル活用できる

ランでは先ほど触れた、4画面表示の機能をフル活用できる。
基本的な速度や距離はもちろん、オプションの心拍センサや足につけるフットポッドなどのセンサを使えば心拍やピッチも計れる。
1㎞ごとのラップを自動でとって知らせてくれるのはもちろん、設定した位置や距離に到達すると自動的にラップをとってくれる自動ラップ機能を使えば、いちいちラップボタンを押さなくてもタイム計測ができる。
トレーニングモードの中にはインターバルトレーニング機能があり、タイムなどが計測できるだけでなく、設定した距離、インターバルをアラームとバイブレーションで知らせてくれるので、まるでコーチがいるかのようなトレーニングがひとりで可能だ。
心拍ゾーントレーニング機能を使えば、めざす範囲の心拍を5段階に設定し、めざすゾーンのトレーニングを行うことができる。
ワークアウト機能では、「最初の5㎞をこのペースで」、「次の30分はこの心拍ゾーンで」といったトレーニングメニューを設定し、これに沿ってトレーニングを行うこともできる。
パートナー機能を使えば、設定したペースで仮想パートナーが走り、ペースがオーバーあるいはアンダーになると、アラームとバイブレーションで知らせてくれるだけでなく、パートナーとの距離が画面に表示される。これは練習だけでなく、マラソン大会でのペース管理などでも使えそうだ。

4分割表示
設定したペースで走る仮想パートナーと走ることで、わかりやすくペースを管理できる「パートナー機能」

プレミアムハートレートセンサ&ストラップ
オプション:プレミアムハートレートセンサ&
ストラップ(心拍センサ)…¥8,640
FootPod
オプション:軽量FootPod…¥12,960

BIKE

設定もわずらわしくない進化形サイクルコンピュータ

オプションのスピード/ケイデンスセンサを装着すると、910は高機能サイクルコンピュータに早変わり。スピード、ケイデンスを計測・表示でき、心拍なども同じ画面で表示可能だ。
普通のサイクルコンピュータにはタイヤの周長など基本設定が必要で、これが意外とわずらわしいものだが、910はGPSとペダルの回転から自動設定してくれる機能がついているので、面倒な設定をしなくても、少し乗っていれば自動的に正しい測
定ができるようになる。
もちろん精度の高い高度計はバイクでもうれしい機能だし、自動ラップ機能などトレーニングコンピュータとしての様々な機能を使えば、ハイレベルなトレーニングが効果的にできる。これが通常のサイクルコンピュータにはない魅力だろう。
また、各種パワーメータにも対応しているので、信号をペアリングすればバイクのパワートレーニングにも使用可能だ。

ケイデンスなどBIKEシーンにあわせた表示にも
距離やタイム、心拍などに加え、バイクにオプションのセンサを付けることでスピードやケイデンス(ペダル回転数/分)も表示できる

プレミアムハートレートセンサ&ストラップ
オプション:スピード/ケイデンスセンサー
GSC10…¥8,640

SWIM

オープンウォーターでも距離からストローク数まで計れる

スイムモードは、オープンウォーターで泳ぐとき、泳いだ距離や速度、位置を計る、設定した距離ごとにバイブレーションで知らせてくれるなど様々な機能がある。動きの方向を感知するジャイロセンサにより、設定した距離ごとにストローク数を計ることができるのも大きな特徴だ。
ランやバイクと違い、スイムでは画面から情報を得ながら泳ぐことが難しいだけに、バイブレーションでペースやストローク数など自分が欲しい情報を伝えてくれるアラート機能は頼れる味方になるだろう。
910は、GPSが使えない屋内プールでの利用でも威力を発揮する。
ジャイロセンサと動きの解析能力により、ストローク数やターン数を計測するほか、クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライなどの泳法まで識別できる。スクールや練習会など屋内プールで使用できる環境があれば、日頃のスイムトレーニングでも効果的に活用できそうだ。

スイムでの活用
オープンウォータースイムの場合は、もちろんGPSによる距離・速度計測が可能。泳いだコースは「ガーミンコネクト」上でマップに落とし込むこともできる
室内使用モードの活用
室内使用モードではプールの距離(25m、50mなど)を設定し、内蔵されたジャイロセンサで距離(ターンを感知)やストローク数、ストローク効率、泳法などを表示できる

ガーミンコネクト
ガーミンコネクトhttp://connect.garmin.comなら、泳いだり走った軌跡をGoogleマップなどに落とし込んだり、様々なデータ分析も簡単。スマホアプリもある
USBポートでワイヤレス通信
910に同梱さているUSB ANTスティックをUSBポートに差し込めば、PCにワイヤレスでデータを転送できる

RACE

完全トライアスロン仕様の証「マルチスポーツモード」

910最大の特徴のひとつが、マルチスポーツモードだ。
このモードでは、一度スタートすればラップボタンを押すだけで自動的にスイム→トランジション1→バイク→トランジション2→ランと切り替わり、それぞれの種目ごとに、設定した様々な項目を計測・表示・記録してくれる。まさに「トライアスロン仕様」のスポーツウォッチ910の真骨頂と言える機能だ。バッテリーは20時間駆動なので、アイアンマンなどロングのレースにも余裕で対応する。レース以外でも複数種目を連続して行う実戦練習で威力を発揮してくれるだろう。
トライアスリートにとってありがたいのは、この3種目のデータを保存し、PCなどで管理できることだ。
レースや実戦トレーニングの結果を分析することで、トレーニングをより効果的なものにしていくことができる。

マルチスポーツモード
トライアスロン仕様
マルチスポーツモードでは、トライアスロンの3種目が設定されており(追加・編集可)、一度スタートすればラップボタンを押すだけで自動的にスイム→T1→バイク→T2→ランとモードが切り替わる

使えば使うほど値打ちがわかる

910の価格は一見高そうに思えるが、ラン、バイク、スイムの3種目だけでなく、トライアスロンのレースを通して使えること、トレイルランやトレッキング、OWS、ヒルクライムなど、様々なスポーツで使えることを考えると、意外にコストパフォーマンスは高いと言える。
910は、高度な技術でGPSやその他様々な外部情報をセンシングし、洗練されたユーザーインタフェースを通してフルに活用できるウエアラブルコンピュータだ。そこにはスポーツウォッチの域を超えたスケールの大きさがある。そして使えば使うほど価値がわかってくる多種多様な機能がそろっている。
これらの機能の数々を発見しながら、自分なりの使い方を開拓し、自分ならではのマシンに育てていけるところに、910を使いこなす喜びがあると言えるだろう。

ForeAthlete10J

よりリーズナブルなライトユーザー向けモデル
Black:¥10,778
販売終了
BlackSilver:¥10,778
Pink:¥10,778
Green:¥10,778

GPS搭載ウォッチにも関わらず必要な機能を厳選したことにより、リーズナブルな価格を実現。
BlackSilver/Pink/Greenは女性のスリムな腕にも対応できるようBlackよりも小さく軽い。

仕様
  ForeAthlete 910XTJ
メーカー GARMIN
商品番号 010-00741-26
サ イ ズ 54×61×15mm ※本体サイズ(ベルト含まず)
電  源 充電式リチウム電池 / バッテリー駆動時間:約20時間
重  量 約72g
防水機能 水深50m以内
記録ラップ 1000ラップ
ウェイポイント 100ポイント
機  能 内蔵式GPSアンテナ/高感度レシーバーチップ/気圧式高度計/バーチャルトレーナー/リアルパートナー/ルートトレーニング/心拍計/スピード・ケイデンサ/フットポッド/パワー計/スイミング・インジケーター(水泳、ストローク数、ターン数)/セルフトレーニング機能/トレーニング(TE)
付 属 品 ForeAthlete 910XTJ 本体/延長用ストラップ/ACアダプター/
クリップケーブル/USB ANT+スティック/操作マニュアル
カ ラ ー Black
価  格 42,984円(税込)
 
販売終了
  • ※仕様・デザイン等は改良のため変更される場合があります。
オプション品
  プレミアムハートレートセンサ& ストラップ(心拍センサ)
メーカー GARMIN
商品番号 010-10997-10
サ イ ズ W62×H34×D11mm
ストラップ長 最長 533.4~749.3mm
重  量 45g ※電池含む
対応機種 Colorado/Oregon/Dakota/62/eTrex30/FA50,110,210,410,405,610,910XTJ/FT401/Edge500,800
価  格 8,640円(税込)
 
  • ※仕様・デザイン等は改良のため変更される場合があります。
 

スピード/ケイデンスセンサー(GSC10)

メーカー GARMIN
商品番号 010-10644-00
対応機種 Colorado/Oregon/Dakota/Montana/62/eTrex30/FA50,410,405,610,910XTJ/FT401/Edge500,800
価  格 8,640円(税込)
 
販売終了
  • ※仕様・デザイン等は改良のため変更される場合があります。
  クイックリリースキット(ForeAthlete 910XTJ用)
メーカー GARMIN
商品番号 010-11215-03
対応機種 FA910XTJ
カ ラ ー Black
価  格 4,536円(税込)
 
  • ※仕様・デザイン等は改良のため変更される場合があります。
Vol_1_s

(2013年11月2日掲載)

LUMINA No.26 12月号誌面連動記事

表示価格はすべて税込価格です。
※ページ内の表示価格は税率の変更や価格改定などの理由により、誌面掲載時の価格と異なる場合があります。