スペシャライズドになら
答えがあるかもしれない

トライアスロンに適したバイクとは、という永遠に語られるテーマをトライアスリートはもっている。答えが無数にあるがゆえにいつまでも同じテーマで楽しめると言えるかもしれない。 スペシャライズドについて語るとき、その多様さを無視することはできない。それを懐の深さと言ってしまえば、ありきたりな表現だが、ひとつのバイクブランドが懐の深さをもつにはありきたりではなし得ない。スペシャライズドなら、そのラインアップの中だけで無数にある答えが少しは絞り込めるかもしれない。
トライアスリート浅海健太さんはその特徴を語る。「シヴやターマック、ヴェンジなどスペシャライズドを代表するバイクがありますが、どれもが超個性的。それぞれ際立った個性がある分、好みや乗り味、用途で選びやすいかもしれないですね。そのうえグレードの高低による価格設定なども幅広くて、あらゆるレベルのライダーが満足できるバイクを提供していると思います」

ベストチョイスは
各ライダーの中にあり

もちろん、2011年IМハワイを制し、最高峰のトライアスロンバイクのひとつであるシヴのみが最適解ではない。トレーニングとレース兼用で使いたいなら、ロードバイクが有力な選択肢となり、ロングディタンスのレースをメインとするなら、シヴがベストな選択かもしれない。
「ロードの中でも、トレーニングの中心が通勤などの街乗り、はじめの一台と考えれば、アルミモデルのアレーがいいかもしれないですね。加速性が良く、耐久性という面でも信頼できますし、カラーリングもスペシャライズドの中でもすごく街に映えるモデルが多いです。
同じロードバイクでもターマックはまた違って、オールラウンダーなレーシングバイクといった感じです。ロングにもショートにも出場して、さらにヒルクライムも楽しみたい、そんなすべての欲求をかなえてくれるバイクです。アレーからのステップアップに選んでもいいかもしれないですね。
抜群の空力性能を誇るシヴに関しても上級者用のモデルというイメージはそれほど当てはまらないかもしれないです。だれが乗っても真っすぐ走らせることができてしまうし、ブレーキの心配も少ないので、しっかりと練習をすれば初心者であっても、不安なく乗れると思います。
同じブランドの中で乗り比べると、その特徴も分かりやすいかもしれませんね。でも主役はあくまでも乗る人です。スペシャライズドではトライアスリートが“乗りたい”と思うバイクがラインアップに必ず準備されています。それが一番の特徴かもしれないですね」

3 bikes impression

commented by Kenta Asakai

ロング ミドル ショート 初心者

どんなシーンにも対応するオールラウンド性能

S-WORKS TARMAC DURA-ACE

サイズごとに大きく乗り味が異なることを解消。どんな体格のライダーにも共通した走行性能を提供する「ライダー・ファースト・エンジニアード」を採用した5世代目のターマック

S-WORKS TARMAC DURA-ACE|¥990,000(完成車) ※写真は2015年カラー
サイズ:49、52、54、56|メインコンポ:SHIMANO DURA-ACE|クランクセット:S-WORKS FACT CARBON|ホイール:ROVAL CLX 40

  • ケーブルはすべて内蔵式となり、エアロダイナミクスに貢献。また従来よりもスリムになったが、剛性はそのままにマイルドな走行性能を実現する
  • 剛性が高いにもかかわらず、しなやかな乗り心地を実現するシートポストの固定方法。タテ方向にしなることで振動を吸収する
  • 2015 Tarmac Rider-First Engineere
impression comment

「5世代目にあたるターマックは、対応力がずば抜けていいバイクですね。実際に自分はショートのレースの時に使用していますが、平地、アップダウン、ダンシングによる急加速、これらすべてに対応してくれます。価格帯が高いバイクは、『剛性が高いけれども固い』というイメージがあると思いますが、ターマックは全く乗り味が違います。踏むときちんと反応してくれるのに、しっかりと振動も吸収してくれる、乗りやすさも抜群ですね。このバイク一台で51.5からDHバーを取り付ければロングまで、あらゆるレースをカバーできます」

ロング ミドル ショート

ムダなくロスなく走れる、ずば抜けた直進安定性

S-WORKS SHIV Di2

サドルのシテロやフューエルセルなどを標準装備。フレームやハンドル以外の部分でもトライアスロンでの使用に最適化した専用バイク

S-WORKS SHIV Di2|¥1,180,000(完成車)
サイズ:XS、S、M、L|メインコンポ:SHIMANO DURA-ACE Di2|クランクセット:S-WORKS FACT CARBON|ホイール:ROVAL CLX 60

  • パッドの高さ、幅はもちろん、DHバーの突き出しの長さまでポジションの自由度は高い
  • ダウンチューブ上のフューエルセル、ダウンチューブに内蔵される給水バッグフューエルセレッジなど、補給とエアロ効果を両立したシステムをもつ ※写真は2015年カラー
  • AERO. FUEL. FIT. - Specialized Shiv
impression comment

「頑張らなくてもイーブンペースでバイクが進んでくれる、そんな気持ちになるバイクです。ロードから乗り換えるとまるでドラフティングをしているようなエアロ効果を体感できます。TTバイクは直進安定性が高いはずなのですが、意外と真っすぐ走らせるのは難しい。でもシヴはだれでもパッドに肘を置いて真っすぐ走れるムダ走りのないバイクだと思います。ブレーキも高いポイント。ブレーキの効きの悪いTTバイクは多いのですが、不安はほとんど感じないレベルです。ロングはもちろん、直線が多いコースなら51.5でも戦えます」

ミドル ショート 初心者

街乗り、通勤、そしてレースまで
カラーと耐久性がポイント

ALLEZ COMP

力がもっともかかる接合部分を高剛性に仕上げるDSW(ダルーシオ・スマートウェルド)テクノロジーを採用。アルミフレームとは思えないやさしい乗り味を実現する

ALLEZ COMP|¥189,000(完成車)
サイズ:49、52、54、56、58|メインコンポ:SHIMANO 105|クランクセット:FSA Gossamer Pro|ホイール:AXIS 2.0

  • ケーブルはすべて内蔵式となり、エアロダイナミクスに貢献。また従来よりもスリムになったが、剛性はそのままにマイルドな走行性能を実現する
  • 剛性が高いにもかかわらず、しなやかな乗り心地を実現するシートポストの固定方法。タテ方向にしなることで振動を吸収する
impression comment

「ロードバイクに乗ることが楽しくなる、そんな気持ちになります。カーボンに押され気味に感じるアルミのバイクですが、スペシャライズド独自の製法によって、仕上がりもきれいでカチッとした乗り心地は、カーボンに劣らない気持ち良さです。自分としてはアルミの乗り味も好きなのですが、もし少し固さが気になる場合は、タイヤのエア圧を調整する、厚手のバーテープにすることで踏む力が伝わりやすいフレームの特性を生かせると思います。価格もリーズナブルなので、トライアスロン初心者の1台目のバイクにも最適ですね」

インプレッション

浅海健太
(あさかいけんた)

大学2年時の2014年、日本学生トライアスロン選手権で優勝。スペシャライズド東京のショップスタッフも務める、東京オリンピックを担う若きトライアスリート。東海大学在学中