2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会

大会名2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会
開催日2017年05月14日13日(土)はエリートの部
距離エイジの部(スタンダードディスタンス)・リレーの部:S1.5km/B40km/R10km、エイジの部・エイジパラトライアスロン(スプリントディスタンス):S0.75km/B20km/R5km
レースタイプエリートの部ありバイク・ランともにフラットEメール・インターネットでの申し込み可能
開催地神奈川県横浜市
主催世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会
定員/参加費エイジの部(スタンダードディスタンス):810人/25,200円、 エイジの部(スプリントディスタンス):250/17,200円、 リレーの部:50組(150人)/40,600円、 エイジパラ30人/17,200円
※参加料には横浜ブルーカーボン事業への環境協力金が含まれます。
参加資格JTU登録会員、各カテゴリー制限時間内で完走できる男女、前日の受付及び競技説明会に参加できる男女
提出書類誓約書
申込請求HPより
申込期間2016/12/05~2017/01/05
2017年度大会は募集終了
許可通知メール
表彰対象エイジの部①スタンダードディスタンス:5歳ごと年代別男女1位~3位 エイジの部②スプリントディスタンス:10歳ごと年代別男女1位~3位
エイジパラの部:各カテゴリー別男女 1位~3位
リレーの部:男子、女子、混合1位~3位
選考方法抽選
スタート時刻調整中 07:15
制限時間S0:45/B2:45/R4:00(スタンダード、リレー) S0:25/B1:25/R2:00(スプリント)
ローカル・ルールウェットスーツの着用義務
サイクルコンピューター装着推奨
交通機関JR根岸線石川町より徒歩15分 みなとみらい線元町・中華街駅より徒歩3分
前年レースデータ当日出場者:1,475人/完走者1,261人
気温:15.7℃(7時)/水温:20.6℃(7時)
コース紹介
日本国内で最大の都市型トライアスロン大会!!人気の観光スポットである山下公園をメイン会場に、横浜の街を駆け抜けよう!!エリートと同じフィニッシュができ、世界大会の雰囲気が味わえる人気の大会です。
山下公園前面海域750m周回コース。 ポンツーン前よりフローティングスタート。 5月平均水温18~20℃。
山下ふ頭~新山下方面~山下公園前通り6.6km周回コース コースはフラット、Uターン3箇所他、コーナーは多い。
山下公園~山下臨港線プロムナード(開港の道)~象の鼻パーク 山下公園、みなとみらいと、これぞ横浜という抜群の眺望!
申込・問い合わせ先〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル
大会組織委員会事務局
TEL:045-680-5538
FAX:045-641-2371
ホームページ:http://yokohamatriathlon.jp/wts/index.html
E-mail:info@yokohamatriathlon.jp
その他【過去大会参加者の声】
・山下公園周辺を走る気持ち良さと、観客の多さ、大音量の音楽やMCが盛り上げてくれた雰囲気。
・大会の雰囲気が良い。
・人が多く応援してくれることや、山下公園前のニューグランドの道を使えるのは非常に優越感がある。家族も応援しやすかった。
・アクセスの良さ。応援の盛り上がり。エリートと同じブルーカーペットのゴールに向かって走る爽快感。
・世界シリーズと合わせた開催だけに大会が盛り上がる。エリートの大会を目の当りにでき、間近にで応援できる。横浜の港や街を走るコースが気持ちいい。
・大勢の観客がいて楽しめる。
・横浜の街がコースになっており、ゴールもエリートと同じで気分が良いです。
・前日に、海外のエリート選手を応援出来て、翌日、同じゴールを目指す。仲間も増えました。
・近くてギャラリーの応援が多い!
・規模が大きく、本格的でテンションを上げてくれる。こんな大会はなかなかない。
・都市レースでありワールドツアーの併催レースであるので、気分も盛り上がります。
・運営がしっかりしていて安心。
・運営クオリティが高い。沿道の応援が多い。前日のエリートのレースがある。
・世界大会が前日に行われるので、テンションが上がります。
・とにかく、華やか!! 一流選手になった気がする。
・国際大会ということはもちろん。横浜全体で盛り上げようという一体感がいい。
・横浜を走って、氷川丸の横を泳げる。
※大会情報は変更されている場合があります。詳細につきましては、大会運営者にご確認下さい。

関連情報

BLUEOCEANSユーザーの

  • 33人が「出場した」、
  • 13人が「出場予定」、
  • 2人が「出たいね」
  • と言っています。

参加者コメント

2015年大会

抽選待ち中 S1.5K, B40K, R10K

2015年大会

Swim焦って自分の泳ぎができなかった。 Bikeポジションがきちんと設定できていない。 Run体重がうまく掛からない

2015年大会

台湾IM、ITUスウェーデン、より早くにエントリーしてました。 この時期にレースは必要ないけど近いし頑張ろう!

2015年大会

4年連続のスプリント参加。今回は五島に向けての調整も含めて、少し真剣に減量。最終69kgで参加を目指したが、結局70.8kg止まり。それでも4kgは減らすこ... 続きを読む

2015年大会

横浜トライアスロンまとめ、3回目の出走です。 スイム37分(T1除いて32分) バイク1時間29分(T2除いて1時間19分) ラン42分 前日の朝、突然の胃痛が... 続きを読む

2015年大会

オリンピック・ディスタンスの自己ベストを出すことができた。

2015年大会

横浜トライアスロン、天気は最高

2016年大会

スイムで失敗

2016年大会

ラントレしておらず、体重も重いのでランをDNS。バイクラップは、トランジション終わったところで計測しているようなので、公式記録には出ませんでした... 続きを読む

2016年大会

SWIMはよかったが思ったより早くない。今までで一番余裕をもって上がった。もう少し追い込んでもよい? BIKEも同様。目標の30km/hは達成。 RUNは右ひ... 続きを読む

2016年大会

(スプリント) 結局ガチバトルに参加してしまいました。 スイム:400mのトランジションで全力疾走するため、いつもよりゆっくり入りました。5mくらい... 続きを読む

2016年大会

スイムぼろぼろ。うねりに対応できず、ブイもよく見えず、水を何度も飲み、ふくらはぎ、ももがつりかけ、初めて途中でやめようかと思ったけど、頑張りま... 続きを読む

2016年大会

海は荒れてたけど、バイクとランは絶好調!

2016年大会

2016年シリーズの初レース。 波・うねりが大きくて、SWIMに苦戦。 BIKEはやや積極性に欠けた。 RUNもBIKE同様。 目標の3時間未満は達成ならず。