全日本トライアスロン皆生大会

大会名全日本トライアスロン皆生大会
開催日2017年07月16日
距離S3000m/B140㎞/R42.195㎞
レースタイプバイクコースにアップダウンがありテクニカルEメール・インターネットでの申し込み可能
開催地鳥取県米子市
主催皆生トライアスロン協会、鳥取県観光連盟、米子市観光協会
定員/参加費個人:940人/39,000円、リレー:60組/48,000円
参加資格19歳以上の健康な男女で完走する体力気力を有するアスリート
提出書類大会記録所(参考記録)
記録書のコピー要提出
申込請求HPより切手添付の返信用封筒を同封
82円~
82円~
申込期間2017/02/20~2017/03/31
予定
許可通知5月初旬
表彰対象男女総合、男女年代別、特別賞他
選考方法書類選考
スタート時刻7:00
制限時間S2:00/B8:30/R14:30
ローカル・ルールウェットスーツの着用義務
交通機関電車:JR山陰本線米子駅よりバス20分 車:米子自動車道米子ICより10分
前年レースデータ当日出場者:910人 団体63組/完走者848人 団体62組
気温:23.0℃(7時)/
コース紹介
皆生は、1981年、日本で最初にトライアスロンを始めた発祥の地として知られ、全国のトライアスリートからはトライアスロンの故郷として広く慕われています。
皆生沖日本海を海岸に沿って泳ぎ折り返すコース。中間地点でビーチに上がり、通過チェック後再び入水する。スタート直後は海上が混み合うため注意が必要。
一般道路を使用。アップダウンが多くハードなコース。給水所は8カ所設置。
米子市から境港市に通じる弓ケ浜半島を往復。比較的フラットなコース。ゴールは東山陸上競技場。
申込・問い合わせ先〒683-0001 米子市皆生温泉3丁目1-1
皆生トライアスロン協会
TEL:0859-34-2819
FAX:0859-22-7415
ホームページ:http://www.kaike-triathlon.com
E-mail:info@kaike-triathlon.com
その他【2015年参加者の声】
・歴史のある大会で参加するだけの価値がある。
・自然の中の醍醐味。ボランティアの素晴らしさ。大会関係者の対応。
・すばらしい環境下でのレースです。ボランティアが特にすばらしい。
・何といっても日本トライアスロン発祥の地での「ほんわかしている」ところが良い!
・本州唯一のロングのトライアスロン。ボランティア、スタッフさんが優しく温かかった。
・地域をあげての皆さんの応援に勇気付けられ、感動しました!
・伝統のロングを楽しみました。スタッフも地元住民もボランティアも経験が多く、気配りが最高です。
※大会情報は変更されている場合があります。詳細につきましては、大会運営者にご確認下さい。