はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン2017(WoodMAN)

大会名はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン2017(WoodMAN)
開催日2017年06月25日
距離エリート・エイジ・リレー(3人1組):S2500m/B55km/R20km
レースタイプエリートの部ありバイクコースにアップダウンがありテクニカルランコースにアップダウンがありテクニカルEメール・インターネットでの申し込み可能
開催地広島県廿日市市
主催大会実行委員会
定員/参加費エリート:25人/28,000円、エイジ:470人/28,000円、リレー:80組/54,000円
参加資格2017年度JTU登録者(リレーは1チーム1人以上)、2016年12月31日現在、満18歳以上(高校生除く)で健康な男女
提出書類誓約書大会記録所(参考記録)
1.5km水泳記録
申込請求HPより
webエントリーのみ
申込期間2017/03/01~2017/03/22
スイム選考の後、定員オーバーの場合は抽選
許可通知4月下旬予定
表彰対象男女総合上位表彰、年代別表彰(2017年12月31日現在を基準とする)、リレー上位表彰
選考方法抽選書類選考
スタート時刻9:00
制限時間S1:25/B4:40/R7:00 途中関門あり
ローカル・ルールウェットスーツの着用義務
交通機関電車:JR山陽本線前空駅より徒歩約13分
車:山陽自動車道大野ICより約10分
前年レースデータ当日出場者:エリート:7人、個人:463人、リレー:80組/完走者エリート:7人、個人:403人、リレー:69組
気温:27.0℃/水温:24.0℃
コース紹介
世界遺産の厳島神社大鳥居横の浜をスタートし、大野瀬戸の海峡を横断するスイムの後は、バイクで市街地から中国山地へ駆け上るハードコース。国内では非常に珍しいワンウェイコースで、多彩なレース環境を楽しめる。
スタートは、日本三景・安芸の宮島の世界遺産「厳島神社」大鳥居横の西松原。厳島神社で安全祈願をした後、松林を抜けていざ、瀬戸内海へ!広島名産の“カキいかだ”を横に見ながら大野瀬戸を2.5km泳ぎ渡る、全国の大会でも珍しいワンウエイコース。
瀬戸内海沿岸から中国山地を縦走する55km。前半の住宅地では、多くの観客の声援が選手を後押し。コース中盤からは、バイクウエアが若葉に染まる林道となり、鳥の声と渓流の音の中、まさにアドベンチャーレース気分も味わえる。中盤と後半に2つの檄坂が待つ、高低差約850mのハードなワンウェイコース。
標高約700m地点から900m地点まで登って降りる20km。ほとんどワンウエイの大会全コース中、ライバルと対面する可能性がある唯一の場。農家の庭先から小路から、メンバー表を片手に選手一人一人の名前を呼びながらの声援が続く。
申込・問い合わせ先〒738-0015 廿日市市本町5-1廿日市商工会議所内
トライアスロン事務局
TEL:0829-20-0021(代) 0829-34-4570(直)
FAX:0829-20-0022
ホームページ:http://miyajimatriathlon.com/
E-mail:公式HP お問い合わせフォーム
※大会情報は変更されている場合があります。詳細につきましては、大会運営者にご確認下さい。

関連情報

BLUEOCEANSユーザーの

  • 1人が「出場した」、
  • 0人が「出場予定」、
  • 0人が「出たいね」
  • と言っています。

参加者コメント

2016年大会

チェーンが切れた。しかも二回も!メンテナンス不足でリタイア。。。