SUUNTO AMBIT3

SUUNTO AMBIT3 山本淳一レビュー

写真=小野口健太
取材=今 雄飛
AMBIT3SPORT
AMBIT3 SPORT
AMBIT3PEAK
AMBIT3 PEAK
山本淳一さん●現役時代は得意のスイムから積極的にレースを作るスタイルで、日本ランキング1位を獲得。引退後の現在は東京女子体育大学・トライアスロン部コーチとして活躍。トライアスロンチーム「ALAPA」「Venga!Venga!」専属コーチ。1973年愛知県生まれ

写真=小野口健太 取材=今 雄飛

SUUNTOAMBIT3

使いたい機能が進化

 「年を追うごとに正しい方向に進化してきている」。2007年からスントを使い始めたトライアスリート山本淳一は語る。初めてのGPSモデルである初代のAMBITが登場してからは、より簡単に正確なランニングペースを把握することや、PC上で通ったルートの記録・閲覧などができるようになり、新しいトレーニングの質、方法をスントは切り開いてきた。今回、登場したのは3世代目のAMBIT3。本当にアスリートに有益な進化を遂げたモデルとなっている。

「相変わらずモチベーションを上げてくれる存在ですね。大きな変化としては、Bluetooth®Smartに対応できるようになったこと。これによってiPhoneとペアリングができ、さらにスント本社が開発した無料のアプリ「ムーブスカウント」をダウンロードすることで、スマホ上でいろいろなことができます

これまではPC上でしか変更できなかった時計本体の表示設定がスマートフォン上で可能に。「レースなど出先で設定を変えたくなった場合も、スムーズに対応できます」

たとえばマップやスピード、走行距離などを、スマホに表示もできます。レースでは使わないかもしれないですが、ロングライド中に地図を見ながら移動できて便利ですね。また記録したデータはすぐにAMBIT3から転送されるので、現地に居ながらにしてトレーニング結果の確認も可能です。これまではPCに時計を接続してデータを転送する必要があったので、格段の進歩ですよ!」
 さらにムーブスカウントは、その日に集めたデータを約70秒ほどの動画に変換。この「SUUNTO MOVIE」は、地図上で移動軌跡をなぞるだけではなく、その起伏や時間、天候などもアニメーションで表現。自分のスポーツ体験をドラマ化し、追体験することが可能だ。


アンドロイド版、2015年3月に待望のリリース:iPhoneやiPad対応のiOS版が先行してリリースされているが、アンドロイド版が2015年3月に無料配信されることが決定。最新OSとなるAndroid 5.0 Lollipopに対応するアプリケーションとして登場することとになり、より多くのアスリートが「Movescount App」のあるトレーニングライフを実現できるようになる。

DATA

トレーニング終了直後にデータ分析が可能

記録したトレーニングデータは、Bluetooth®Smartによって時計本体からiPhoneアプリ「Movescount App」へ瞬時に転送され、たったいま終えたばかりのトレーニングをその場でチェックすることが出来る。総距離や平均速度、消費カロリーだけでなく、移動した軌跡が地図上に表示され、併せて標高や速度、ペースなどもグラフで詳細に表示される。

SUUNTO MOVIE

MOVIE

トレーニング、レースの一切を1本のショートムービーに

ワイヤレス接続が可能となったことで、スマートフォンをコントローラー代わりに時計本体の設定も変更できる。また収集したデータは、スントムービーとして3Dマップにアニメーションで可視化される。「トライアスロンのレースに出たら、スイム、バイク、ラン、それぞれの軌跡がマップ上にムービーとして表示されます。これまでは数値を記録するのみでしたが、今後は動画も記録されるようになる。かなりカッコいい動画に編集されるので、レースや練習に出かけたくなりますよ(山本さん)」

↑動画はトレイルランナー、キリアン・ジョルネのスントムービー。当日の時間や天候、起伏に合致した動画が作成され、最大スピード、最大心拍など、ポイントになった地点は自動で指し示してくれる

スイム中の正確なデータを心拍計が記録

一方、心拍ベルトも大きな変化を遂げた。より気持ちよくフィットするように、発信装置部分が500円玉くらいの極小サイズに。 「サイズもそうですが、水中での心拍データが正確に記録できるようになったのも大きいですね。基本的に水は電波を通さないので、これまでオープンウォーターであいまいなデータしか取れませんでした。しかしこの心拍センサーは、電波が通じないところではセンサーそのものにデータを記録し、電波が届くようになってから、改めてデータを転送できるようになったんですよ。これによって、たとえば第1ブイでの心拍数やバトル時での心拍数など、スイムの位置・状況と、心拍数が関連付けられるようになったのです。」 使って楽しいと感じる部分と正確なデータを収集する部分と、ある意味相反するものを融合させた新しいAMBIT。常にトライアスリートのそばにあり、そのやる気を刺激する。昔も今もスントは、情熱的なモチベーターであり続ける。

SWIM

Bluetooth®Smartに
対応した史上最少の心拍センサー

新発売の「スント スマートベルト」は、スント史上最少のセンサーをもつ心拍ベルト。「前モデルはプラスチック部分が肌に触れる形状だったが、デザイン、肌触り、ともに進化し装着感が格段に良くなっています(山本さん)」。また、センサーも機能アップ。電波が届かない水中では心拍データをセンサー自体に記録し、電波が届く状態になった瞬間にAMBIT3にデータをワイヤレス転送する。またBluetooth®Smartに対応しているため、iPhoneアプリ「MovescountAPP」や、対応デバイスと一緒に使用することも可能だ

吸い付くように肌にフィットし、それでいて圧迫感が軽減された新ベルト
フックタイプになったことで着脱も容易にできるようになった

iPhoneとのリンクにより
バイクトレーニングをより楽しく

「ペアリングさえしておけば、iPhone本体をトレーニングデータや地図を確認するモニターにできます。また集めたトレーニングのデータは、Bluetooth®Smartを通じて『Move scountAPP』にアップロードされるので、練習終了後、すぐにその日のトレーニング内容が閲覧可能。この手軽さは使ってみたら手放せないですね(山本さん)」

BIKE
ハンドルバーに取り付けておけば、ライド中でも見やすいサブモニターとして機能させられる。ペダルケイデンスやスピードなど、欲しい情報が多いバイクレッスンには嬉しい機能だ
RUN

孤独なトレーニングは過去のものSNSとの連動で広がるつながり

何もかも振り切ってトレーニングに集中したいが、なかなかそうもいかないもの。「iPhoneを持つ必要はありますが、電話や、フェイスブック、ラインなどに連絡が入った場合はAMBIT3にその情報が表示されます。着信音が鳴って、練習を中断し、いちいちスマホを取り出して確認する必要がなくなりました。コーチ的な視点からすると、トレーニングに集中してほしいですが、多忙なみなさんには、かなり使える機能ですね(山本さん)」

重量的には前モデルとほぼ変わらないが、ベルトが柔らかくなったことでフィット感が向上。「腕を振ってもあまり重さが気にならなくなりました」
電話の着信やSNSの通知もフェイス上で確認可能。「グループでトレーニングを行った時にも連絡が取りやすくなりますね」※表示できるのは欧文のみになります。

あなたのスポーツカテゴリにマッチする2種類のAMBIT3

AMBIT3 SPORT

マルチスポーツのための
軽量&薄型デザイン。
カラフルなカラーラインアップも魅力

ランニング、バイク、スイム、トライアスロンなどで闘うアスリートへ向けたマルチスポーツ向けモデル。カーナビにも採用されている最新のGPSチップを採用し、正確な速度、距離、移動軌跡を計測。新開発の心拍計測ベルトは、水中など電波の届かない場所でも最大27,000拍のメモリが可能なため、トライアスロンだけでなく、オープンウォータースイムなどの競技を行う人にもお勧め。男女問わず選べるカラーバリエーションの豊富さも魅力。

  • AMBIT3SPORT-blueBlue
  • AMBIT3SPORT-blackBlack
  • AMBIT3SPORT-whiteWhite
  • AMBIT3SPORT-sapphireSapphire※2015年春発売予定
SUUNTO AMBIT3 SPORT(時計本体のみ)
  • ¥59,000+税:
    サファイアのみ
  • ¥46,000+税:
    ブルー
    ブラック
    ホワイト
SUUNTO AMBIT3 SPORT HR(心拍ベルト付きモデル)
  • ¥65,000+税:
    サファイアのみ
  • ¥52,000+税:
    ブルー
    ブラック
    ホワイト
  • ●カラー:全4色
  • ●重量:84g(サファイア)、80g(ブルー、ブラック、ホワイト)
  • ●厚さ:14.4mm(サファイア)、15.5mm(ブルー、ブラック、ホワイト)
  • ●防水性:5気圧(50m)
  • ●バッテリー駆動時間:時計表示のみで最大15日間、GPSデータ取得頻度60秒毎で最大25時間

AMBIT3 PEAK

GPS&気圧計による正確な標高表示
最大50時間計測可能なバッテリーを装備したマウンテンスポーツ向けモデル

AMBIT3 SPORT同様、最新GPSチップによる正確な計測能力はそのままに、最大50時間連続で計測可能な大容量バッテリーを装備しているため、宿泊を伴う登山や100kmを超えるトレイルランニングレース、あるいはアイアンマンレースなどのロングディスタンススポーツに対応可能なモデル。気圧計を装備しているため天候予測ができるほか、GPS計測データと併用したより正確な標高表示が可能。

  • AMBIT3SPORT-blackBlack
  • AMBIT3SPORT-sapphireSapphire
SUUNTO AMBIT3 PEAK(時計本体のみ)
  • ¥72,000+税:
    サファイア
  • ¥59,000+税:
    ブラック
SUUNTO AMBIT3 PEAK HR(心拍ベルト付きモデル)
  • ¥78,000+税:
    サファイア
  • ¥65,000+税:
    ブラック
  • ●カラー:全2色
  • ●重量:92g(サファイア)、89g(ブラック)
  • ●厚さ:17mm(サファイア)、18mm(ブラック)
  • ●防水性:10気圧(100m)
  • ●バッテリー駆動時間:時計表示のみで最大30日間、GPSデータ取得頻度60秒毎で最大50時間

関連アクセサリー

マルチスポーツに最適。
最も使いやすい心拍センサー

Bluetooth®Smart対応の業界最小の心拍数センサー。コンパクトで快適なフィット感 水泳やその他のスポーツ中の心拍数を記録しワイヤレスで転送。

SUUNTO SMART BELT
SUUNTO SMART BELT

MOVIE

SUUNTO Ambit3プロモーションムービー

SUUNTO Ambit3プロモーションムービー2