宮塚 英也(ミヤヅカ ヒデヤ)

生年月日:1964/01/16
居住地:栃木県
プロフィール: 身長 168cm
体重 62kg
免許・資格 普通自動車免許/中型自動二輪免許/家畜人工授精免許
略歴
昭和57年3月 長崎県小浜高等学校卒業
昭和57年4月 九州東海大学農学部畜産学科入学
昭和61年3月 九州東海大学農学部畜産学科卒業

アイアンマントライアスロン最高峰レース「アイアンマンハワイワールドチャンピオンシップ」において、日本人としてただ一人、夢のトップ10入りを2度に渡って成し遂げた日本最強のアイアンマン。国内では「全日本トライアスロン宮古島大会」において初優勝の1990年以降、前人未到の4度の優勝に輝き、引退シーズンなった2002年大会ではピータークロプコ(ハンガリー)とのデットヒートの末、2位(日本人1位)に入る健闘を見せ、有終の美を飾った。また、選手時代から「宮塚英也スポーツ研究所」を主帝。プログラム開発などに着手し、独自のトレーニング理論を確立。一般アスリートからトップ選手まで幅広いレベルのアスリートから支持を得ている。近著には「宮塚英也の誰でも8週間でトライアスリートになれる」(ランナーズ刊)がある。
その他 : 【国内の主なレース成績】
’88年 第2回日本トライアスロン選手権波崎大会(優勝)
’90年 第6回全日本トライアスロン宮古島大会(優勝)
’91年 第7回全日本トライアスロン宮古島大会(2位)
’92年 第8回全日本トライアスロン宮古島大会(優勝)
’92年 アイアンマン・ジャパン IN びわ湖(3位)
’93年 第9回全日本トライアスロン宮古島大会(優勝)
’94年 第10回全日本トライアスロン宮古島大会(2位)
’95年 第11回全日本トライアスロン宮古島大会(2位)
’96年 第12回全日本トライアスロン宮古島大会(優勝)
’97年 第2回日本ロングディスタンス選手権(優勝)
’98年 第14回全日本トライアスロン宮古島大会(6位)
’99年 第15回全日本トライアスロン宮古島大会(5位)
’01年 第17回全日本トライアスロン宮古島大会(3位)
’02年 第18回全日本トライアスロン宮古島大会(2位)
’05年 アイアンマン・ジャパン IN 五島(8位)


【海外の主なレース成績】
’88年 アイアンマン・ハワイ(9位)
’89年 アイアンマン・ハワイ(14位)
’90年 アイアンマン・ハワイ(11位)
’91年 アイアンマン・ハワイ(20位)
’92年 アイアンマン・ニュージーランド(8位)
アイアンマン・カナダ(4位)
アイアンマン・ハワイ(12位)
’93年 アイアンマン・ハワイ(20位)
’94年 アイアンマン・ハワイ(10位)
’95年 アイアンマン・ハワイ(48位)
’96年 アイアンマン・ハワイ(28位)
’97年 アイアンマン・ランサローテ(15位)
アイアンマン・ハワイ(16位)
’99年 アイアンマン・スイス(9位)
アイアンマン・カナダ(17位)
’00年 アイアンマン・オーストラリア(6位)
アイアンマン・ハワイ(18位)
’01年 アイアンマン・レイクプラシッド(5位)
’02年 アイアンマン・ランカウイ(7位)
     アイアンマン・コリア(5位)
     アイアンマン・ハワイ(37位)