この惑星でもっともタフな
ボトルケージ

街を外れグラベルへ漕ぎだした時、あるいは木漏れ日の中シングルトラックに足を踏み入れた時、身体の水分を保つための重要なパーツがボトルケージです。しかし残念なことに、ボトル紛失はコースによっては致命的な危険性を伴うにもかかわらず、軽さやデザインのみを訴求する製品が後を絶ちません。

Dawn to Duskの製品は舗装路とは比べ物にならない厳しい条件のグラベルをターゲットに開発。ボトルの取り出しやすさと落としにくさという相反する要求を、取り付ける場所によって異なる形状のボトルケージを用意する事で解決しました。いずれもガタがなく、へたりにくいカーボン製で、長期間にわたりボトルのホールド力を維持します。

取り付ける場所ごとに
最適設計

今までのロードバイク・MTB用のボトルケージは、ダウンチューブとシートチューブに設置され、重力や衝撃がかかる向き・ボトルの脱着方向は限定されていました。
しかしグラベルロードバイクやバイクパッキングの登場で、ダウンチューブ下やサドル後端など今までにない場所へのボトル搭載が求められています。
Dawn to Duskは様々なコースの実走結果から、取り付け場所による力のかかり方を分析。場所により素材の厚み、形状を最適化した設計を行っています。

SUPPORT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム