News&Information

2013-01-08

【書籍】白戸太郎氏共著ビジネスパーソンに向けた心と体の強化法『挫けない力』

行動科学の第一人者、石田淳氏と、スポーツナビゲーターで経営者、白戸太朗氏の共著で、ランニングとビジネスが結びついた、新たなビジネス書『挫けない力』が本日発売。

長期の不況に伴うビジネス上のストレス増加、人間関係の軋轢など、上下の板挟みにあいやすく、年齢的にも経済や家族関係で負担が増える30代~40代(ミドルマネージャクラス)に向け、ランニングを中心とした「セルフマネジメント術」と「継続の技術」を提案。
読者が実践しやすいように、行動科学の「継続の技術」も掲載されています。

出版に伴い「丸の内朝大学」2013年春学期に、著者のお二人を 講師に、「挫けない力」養成クラス(全6回)を開講することも決定しています。

『挫けない力 逆境に負けないセルフマネジメント術。』
◆定価 1,475円(税込)
◆著者 石田淳 白戸太朗
◆内容
ランニングのなどの有酸素運動を通して、タフな心身を手に入れるというもので、仕事の能率アップはもちろん、人生の質を高めようと提言するビジネス書。
現在は、経済的に厳しい期間が続いています。そんな中でランニングを通じて心身をリフレッシュし、ビジネスや生活上の困難に「挫けない力」を身につける方法を紹介。また、最近マラソン人口が急増している背景には、健康志向だけでなく多くの中高年層がランニングの効果を実感し、継続できているからと考えられます。
▼ランニングの効果
・「認知」を変えること
 物事の見方を多様にし、現状が変わらなくても俯瞰的視点を持つことで問題の突破口を開くきっかけになります。
・「内省の時間」を持つこと
 情報過多な時代に、一人内省の時間となるランニングは、自らの生き方やプライオリティ、仕事の整理などに使える貴重な時間となります。