News&Information

2013-05-30

【BIKE】最高級イタリアン・オーダーメイド・バイシクルブランド「PASSONI(パッソーニ)」

イタリアが誇る最高級オーダーメイド自転車ブランド『PASSONI』
http://passoni.jp/

カーボンが主流となっているトライアスロン業界ですが、耐食性の高さ、走行性能はもとより、長く乗れてしっかりした質感の有るバイクとしてチタンバイクを選ばれる方もいるのでは?

基本ラインナップはありますが、PASSONIはフルオーダーメイドなので、トライアスロンに適したジオメトリ、車体構成などを作る事も可能。
「直進安定性に優れたフレームにしてほしい」など、オーダー時に依頼すると剛性バランスからユーザーの使用用途に合った物にイタリアPASSONIがアレンジしてくれます。

また、4月には日本初となる同ブランドのコンセプト・ギャラリー『PASSONI POINT TOKYO』がオープン。
オーナーのボディサイズ採寸から、カラーやコンポーネントをはじめとした車両の仕様に関するミーティングなどの一切を行う他、クラシカルなモデルからスパルタンなレースバイクまで複数の完成車を展示。
組み上げ前のチタニウムパイプ、ステンレスパイプなど、とても貴重なマテリアルも展示しているので訪れてみてはいかが?(予約制)
 
≪パッソーニ ポイント トーキョー≫ 
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-16-10-B1F
 TEL/FAX : 03-5829-9549
 E-mail : mail@passoni.jp 担当:村田


◆PASSONI(パッソーニ)とは
イタリア・パッソーニ社は、昨今の世界的な自転車業界における潮流『効率主義・マスプロダクト化』『有名ブラドのグループ化』の流れには目もくれず、一切の作り置きをせずに全てのバイクフレームをユーザー個々の体格に合わせて作る『ビルド・トゥ・オーダー』に一貫。オーナーのボディサイズ採寸から始まる行程はオートクチュールの如く、一つ一つ、全てのフレームを『専用』に作ることを信条としている、ハンドクラフト専門の最高級バイクメーカーです。

◆素材へのこだわり
こだわりは素材から。使用されるパイプは『車種』と『サイズ』毎に最適な厚さ、そして径を持つ特別仕様の『パッソーニ専用パイプ』を用意、職人が一つ一つ丁寧に溶接し、時間をかけて磨き上げ、そして組み上げています。同社は、特に加工の難しいチタニウム製バイクを得意としており、その溶接技術の高さ、組み上げられるバイクの圧倒的な仕上がりの良さなどから、『孤高のハンドクラフトバイク』とも称されています。本国イタリアを始め、世界中のパッソーニポイントにて、スポーツ選手やショービズ界のVIP など、セレブリティのトレーニングアイテムとしても好評を得ており、世界の自転車愛好家からは最後にたどり着く境地、『アガリの一台』とも呼ばれている逸品です。

◆歴史
1970 年初頭、冷戦も終盤にさしかかり、東側諸国から亡命してきた技術者たちにより『チタニウム』の加工技術がヨーロッパ各国の民間企業にもたらされます。
高価で加工が非常に難しいチタニウムは、まだ軍事兵器用素材としての役割が主でしたが、その軽さと強さ、耐食性の高さ、そして独特のしなりによる乗り心地の良さ、そして何より独特の輝きと雰囲気に初代パッソーニは惚れ込み、息子と共にメーカーを立ち上げた80 年代から現在に至るまで伝統的にチタニウムを使用し続けています。
今や『ハイエンドチタニウムフレーム=パッソーニ』の図式は世界的にも浸透。

ロードレーサーフレームの主流がカーボンとなった今日でも、パッソーニはチタニウムに拘り、軽く、乗りやすく、丈夫で美しいフレームを、『一生乗り続けられる本物』を作り続け、そしてこれが同社のアイデンティティとなっています。