News&Information

2014-10-27

紅葉のトンネルを快走 南アルプス櫛形トレイル大会(リザルト公開中)

高地特有の凛とした空気の中、第2回南アルプス櫛形山トレイル大会が開催された。総距離18kmとコンパクトなコースながら、スタートから標高差1,200mを一気に上り、富士山を間近に望むロケーションに参加者からは「楽しい!でも思ったよりハード」「地元民だけど、こっち(平成峡遊歩道)だったとはな~」(平成峡遊歩道は渓谷を遡り、幾度も沢渡をする)と笑顔の悲鳴も。

コース上の湧き水でほてった身体を冷やし、紅葉をバックに自撮する姿もトレイルランならでは。11月開催だった昨年にくらべ、積雪がなく穏やかな気温でいくぶん参加者の顔に余裕が見られ、自分にあったペースで山を楽しんでいた。

レースの方は、昨年優勝者の栗原選手の圧勝が予想される中、伊藤選手が序盤から食い下がり、つばぜり合いを続ける展開となった。第2エイドをすぎ、急勾配ののぼりが続く平成峡遊歩道で伊藤選手が逆転。その差を広げ4分差で初優勝を飾った。

■第2回南アルプス櫛形山トレイル大会結果
1位 伊藤 健太 02:20:20
2位 栗原 孝浩 02:24:00
3位 佐野 啓太 02:41:02
出走数 73名 完走 70名

全リザルトは大会HPを参照
http://triathlon-lumina.com/triathlon/entryform/2014102601.html

完走証を公開しました(10/29)
http://triathlon-lumina.com/triathlon/finisher-match.html?id=2014102601
伊藤健太選手が初優勝
木々の切れ間からは富士山がのぞく