News&Information

2016-02-23

東京マラソン完走率100%に向け、関門制限時間をリアルタイムで知らせる自走式のセイコータイマーを投入。え?そっち?=セイコー

制限時間が7時間とゆるく、手厚いサポートで完走率が高そうな東京マラソンですが、それでも完走できないランナーが毎年1400人前後出ています。
リタイアする人の中には、自分のペースがつかめず余力を残しながらもタイムアウトになってしまうケースもちらほら。

それでは、と対策に乗り出したのが東京マラソンオフィシャルタイマーのSEIKO(セイコー)。5名の「完走サポートランナー」が横一列になり、制限時間ギリギリのペースで走ります。このラインに追い越されなければ完走間違いなし、というワケ。

時計じゃなくて、ランナーを使うというのが面白いですね。
当日SEIKOカラーのランナーを見かけたら置いてかれないようにご用心。

公式Webサイト
http://www.seiko.co.jp/marathon/2016/jp/finishersupport.html

公式動画
https://www.youtube.com/watch?v=F-GI0elu95w