News&Information

2016-03-28

トライアスロン×IoTでレース観戦が何倍も楽しくなる!? IoT&H/W BIZ DAYトークセッション(3/28)

3月28日(月)に、東京・飯田橋のKADOKAWA富士見ビルにて行われた、IoT&ハードウェアスタートアップの祭典『IoT&H/W BIZ DAY by ASCII STARTUP』にて、Triathlon Luminaの発行人である松島 聡(シーオス代表)が、パネリストのひとりとして参加しました。

IoT(Internet of Things)とは、世の中のあらゆるモノをインターネットでつなげる技術のことで、今回のセッションでは、「アウトドアスポーツとIoTがつながることで何ができるのだろう」というテーマのもと、IoTとスポーツの可能性を探るディスカッションを行いました。

松島は、”トライアスロンとIoTがつながると何ができるのか”というテーマで、未来のトライアスロンレースの楽しみ方を提案しました。「トライアスロンにIoTの技術を用いることで、中継が難しいとされるトライアスロンレースを、まるでF1レースを見ているかのような臨場感で、リアルタイムで中継を楽しめるようになります。応援している選手が今何位でどのあたりを走っているのか、ケイデンスや心拍数などもリアルタイムのデータを見ることができます。観戦者が楽しめるだけではなく、レースに出場している選手の安全面でも大きな役割を果たします。選手の位置情報を常に把握できるので、万が一事故が発生した場合など、早期発見につながることが期待されます」

2020年の東京オリンピックに向け、IoTが結びつくことによる新たなスポーツの価値が見いだせると期待が高まっています。数年後のトライアスロンの楽しみ方も、IoTの技術によって大きく変わっていくことでしょう。


■IoT&H/W BIZ DAY by ASCII STARTUPとは?
ハードウェアやIoTプロダクト関連のスタートアップ関連事業者を中心とした、ビジネスセミナー・展示交流会。「SORACOM×アウトドア・スポーツでどんなIoTができる?」をテーマに、SORACOM代表 玉川氏と、シーオス代表 松島、他パネラーによるパネルディスカッションを開催。クラウド・IoTと既存サービスがつながったら何ができるのか、その可能性を討論。

IoT&H/W BIZ DAY by ASCII STARTUP
日時:2016年3月28日(月) KADOKAWA富士見ビル
http://peatix.com/event/151837?lang=ja