News&Information

2016-06-07

梅丹2商品のWADA禁止物質の含有が確定、代替商品の開発へ。人気のサイクルチャージシリーズには禁止物質は含まれず

梅丹本舗はWADA禁止物質の確定検査結果を発表、今後の対応を発表した。

WADA禁止物質1,4-androstadiene-3,17-dione(通称ボルジオン)が検出された商品
・古式梅肉エキス
・トップコンディション
⇒ドーピング検査を受ける可能性があるアスリートへの供給を中止。注意文言を追記して販売。古式梅肉エキスは、禁止物質を含有しないタイプを開発

WADA禁止物質の含有は認められないが、原材料にWADA禁止物質が含有されている商品
・梅丹スーパーエキストラゴールド
・梅丹エキストラゴールド
・梅丹
・サイクルチャージ(CC)
・サイクルチャージカフェインプラス(CCC)
・サイクルチャージカフェイン200(CCC200)
⇒継続販売。CC、CCC、CCC200については梅肉エキスを使用しない「クリアプロ」を新発売

<公式発表(PDF)>
http://www.meitanhonpo.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/hp_0606.pdf

梅丹によると、禁止物質のボルジオンはドーピング時には1日100mg~2500mg投与が必要(メイタンHPより)。梅肉エキス1日の消費目安3gで0.00015mgのボルジオン摂取にとどまり、健康被害は存在しないという。