News&Information

2016-12-08

ハンドルのデッドスペースを有効活用。X型構造の自転車用ライト(ドッペルギャンガー)

サイクルコンピュータや、スマートフォンマウント、アクションカメラなど、ハンドルバーに取り付けたいものは多岐にわたります。 しかしスペースは限られており、つければつけるほどハンドル周りが煩雑になってしまうのが現状。それを解消すべく、今まで「デッドスペース」となっていたクランプ部分に取り付けられる「ステムライト」が、「DOPPELGANGER®(ドッペルギャンガー)」より新登場。

X型のシリコンバンドにより、自転車のステムに取り付けることができる。 S字ロック機構により、工具不要で簡単に取り付けが可能。2基のLEDライトで、10ルーメンの明るさを保ち、自身の存在を対向車や歩行者に知らせるポジションライトとして活躍してくれる。連続点灯時間は15時間(点灯)、25時間(点滅)。 雨天時や湿気に対応するIPX4を取得。

「ステムライト DLF346-BK」
1,600円(税別)
カラー:ブラック
サイズ:L60×W35×H61mm(ブラケット含む)
重量:28g(ボタン電池含まず)
材質:ポリカーボネート、シリコン
その他仕様:光源:LED(10ルーメン)、ブラケット取付可能径:22.2~31.8mm、最大連続点灯時間:点灯/15時間、点滅/25時間、電源:ボタン電池(CR2032×2個)、防水防塵:IPX4
製品ページ
http://www.doppelganger.jp/option/dlf346/