たくさんの種類がある輪行袋や輪行ケース。
大事なバイクを安全に輸送するために、自分の用途やスキルに合ったものを選びましょう。

これからの飛行機輪行は、ハードタイプが主流

カンガルー自転車イベント便/輸送便でのシーコン・オーストリッチの配送が廃止に

2019年以降、袋型やソフトタイプの輪行ケースの輸送を廃止する航空会社が相次いでいます。
たとえば、宮古島やセントレアなどの大会会場までのバイク搬送で人気の「カンガルー自転車イベント便 /輸送便」は、シーコン(エアロコンフォート)とオーストリッチOS-500の輸送を2019年5月1日で終了し、以降は箱タイプ(ハードタイプ)の輪行ケースのみの対応となりました。
今後カンガルー自転車イベント便/輸送便の利用をお考えの方は、箱タイプのケースをお選びください。 ※本記事で紹介している輪行ケースは、バイクポーターforTTを除き、すべてカンガルー自転車イベント便 /輸送便に対応しています。
バイクポーターforTTは、シクロエクスプレスという輸送サービスには対応しています。

ソフトタイプの輪行ケースは、バイクの台座接地部分とキャスターの破損に注意

ソフトタイプの輪行ケースで、バイクを台座に固定するタイプをお使いの場合は、特に丁寧な扱いが必要です。
ケース本体が柔らかいので、横から押されるとバイクと台座を固定しているフォークエンド、リアエンド部分に力が集中します。
キャスター部分も破損しやすいので、取り外せるならバイクを預けるときに外しておきましょう。 新型は改良されてきていますが、基本的な構造は同じですのでお気を付けください。

軽量で丈夫な、
箱タイプがおすすめ。

Luminaオンラインショップで購入すると、輪行講座に無料参加できます

自分のバイクを使って、輪行ケースに収納・元通りに組立までを行う輪行講座を開催中。
Luminaオンラインショップで、バイクサンド(228/200)またはQBICLE BIKEPORTER本体(forTT/スタンダードサイズ/プロサイズ)を購入いただいた方は無料で受講いただけます。
最新スケジュールはLumina's Entryをご覧ください。

どれを選べばいい?

「収納方法」と「サイズ」で選ぼう

輪行ケースのバイク収納方法には、箱の中に「置く」タイプと、ゴムで「吊り下げる」タイプがあります。
それぞれ特長や優れている点が異なるので、自分の優先度に応じて選びましょう。
次にサイズ。輸送可能な3辺の合計サイズは、航空会社・輸送会社はもちろん国内線・国際線によってもさまざま。自分がよく使う路線で使えるか、超過料金の対象になるかどうかが判断基準になります。
ただ、サイズが小さくなればなるほど輪行の難易度はアップ。時間をかけず簡単に輪行したい人や、自転車の分解や組み立てに自信がない人は、大きめのサイズにしておいたほうが使い勝手がよいでしょう。

置くタイプ

BIKE PORTER

バイクのほかにもウェットやシューズなど他の荷物も入れられる

非使用時には折りたためてかさばらない

サイズ展開は3種類

吊り下げるタイプ

バイクサンド

バイクを宙吊りにして固定するので、輸送中の衝撃から強力にバイクを守る

フレーム・ホイールのみ収納できる

サイズ展開は2種類

あなたに合う輪行ケースはどれ?

とにかくバイクトラブルは嫌という方は - バイクサンド228

難易度:初~中級者向け

独自の宙吊り構造で、縦置き・横置き両方に対応。ゴムがシートベルトの役割を果たしてバイクを守ります
設計から製造まで日本製。バイクを保護する梱包材も付属する親切設計
少し大きめなのでバイクサンド200より収納しやすくなっています

バイクサンド228

価格:16,500+送料:2,750円

サイズ:120x78x30cm(3辺合計:228cm)/強化段ボール製
※ディレーラーをつけたまま収納可能ですが、トラブル防止のため取り外しを推奨
※ホイールもゴム固定するので、ホイールバッグは不要
※ショルダーベルト付きの収納バッグが付属。階段での移動が便利です
※BLUE/RED/BLACK3色から選べます

ヤマト運輸や国際線をよく使う人は - バイクサンド200

難易度:慣れてる人向け

3辺合計200cmでヤマト運輸に対応した唯一のケース。小さく軽いので、国際航空便でも超過料金が発生しにくいです
独自の宙吊り構造で、縦置き・横置き両方に対応。設計から製造まで日本製
ゴムが衝撃を吸収しバイクを守ります。エアクッション(いわゆる「プチプチ」)も付属
コンパクトになる分、慣れている人向け

バイクサンド200

価格:7,700円+送料:2,750円

サイズ:95x74x30cm(3辺合計:200cm)/強化段ボール製
※ハンドル・シートポスト・ディレーラーの分解が必要なので、慣れてる人向け
※収納バッグはありません
※ホイールの収納には別途ホイールバッグが必要です

着替えやウェットもたっぷり入る! - バイクポータースタンダード

難易度:初心者におすすめ

ペダルを外さずに収納できるので、輪行ビギナーにおすすめ
濡れたウェットやバイクもそのまま入れられます

バイクポーターバッグセットスタンダード

価格:24,800円+送料:2,750円 ※ケースとバッグのセットで500円オトク

サイズ:116x80x30.5cm(3辺合計:226.5cm)/折畳時:79x76cm/プラスチック段ボール製
※ペダル・ディレーラーをつけたまま収納可能ですが、トラブル防止のため取り外しを推奨
※階段で便利な専用バッグとのセット品

未使用時にコンパクトに畳める! - バイクポータープロ

難易度:中級者向け

幅マイナス6cm(バイクポータースタンダード比)のスマートサイズ。3辺合計203cmで国際線に対応
未使用時は座布団サイズまで小さくなるので玄関保管も可能
プラスチック段ボール製で雨が降っても安心です

バイクポーターバッグセットプロ

価格:24,800円+送料:2,750円 ※ケースとバッグのセットで500円オトク

サイズ:106x74x23cm(3辺合計:203cm)/折畳時:73x67cm/プラスチック段ボール製
※ハンドル・シートポスト・ディレーラーの分解が必要のため、慣れている方向け
※階段で便利な専用バッグとのセット品

TTバイクもホイール外すだけですっぽり!- バイクポーター for TT

難易度:初心者におすすめ

エアロバー/DHバーを付けたバイクもハンドルを外さずに収納可能
複雑化したハンドル回りをいじらずに済むので、特にTTバイクにおススメ
一般的な国際線航空会社の預入荷物サイズ(260cm)に準拠しているので安心です

バイクポーター for TT

価格:26,400円+送料:3,850円

サイズ:125x90x45cm(3辺合計:260cm)/折畳時:89x67cm/プラスチック段ボール製
※ペダル・ディレーラーをつけたまま収納可能ですが、トラブル防止のため取り外しを推奨
※ころがして運べるキャスター「エコトローリー」付き

↓バイクポーターforTTの特長をもっと詳しく↓

各商品の比較

サイズ比較

  長さ 高さ 3辺合計
バイクサンド228 120 78 30 228
バイクサンド200 95 74 30 199
バイクポーター スタンダード 116 80 30.5 226.5
バイクポーター プロ 106 74 23 203
バイクポーター for TT 124 90 46 260

サイズ制限

  ヤマト便 国際線超過料金
バイクサンド228 × JALは必要。他社は基本不要(要問合せ)
バイクサンド200 基本不要(要問合せ)
バイクポーター スタンダード × JALは必要。他社は基本不要(要問合せ)
バイクポーター プロ × 基本不要(要問合せ)
バイクポーター for TT × JALは必要。他社は基本不要(要問合せ)

※佐川急便、西濃運輸はすべての商品が発送可能
※発送・超過料金とも、規定が変更になることがあります。利用時に各事業者に必ずご確認ください

用途別おすすめ商品

ヤマト便で発送したい

バイクサンド200のみ、ヤマト便に対応しています。

※規定が変更になることがあります。利用時に各事業者に必ずご確認ください

国際線をよく使う

バイクサンド200、バイクポータープロが国際線の手荷物超過料金制限サイズ(203cm)に収まっています。

※規定が変更になることがあります。利用時に各事業者に必ずご確認ください

ウェットや着替えを一緒に入れたい

バイクポーターがおススメ。

プラスチック段ボールなので、荷物に合わせてケースが膨れ見た目以上に入ります。
スタンダードはウェット+着替え+シューズ+ヘルメット+ポンプを入れてまだ余裕があります。プロはウェット+着替え+シューズ+ヘルメット+ポンプでパンパンです。

バイクを分解するのが苦手

バイクサンド228、バイクポータースタンダード、バイクポーター for TTがおススメ。

特にバイクポータースタンダードとバイクポーター for TTはサイズが大きく、ペダル付きでも収納できます。(for TTはエアロバーもそのまま収納可能) その分、隙間が多くがたつきやすいので、着替えなどでバイクが動かないよう抑えてください。

バイクを壊したくない

バイクサンドがおススメ。

ゴムがシートベルトの役割を果たし、衝撃を与えてもケースにバイクがぶつかりません。
従来の輪行ケースで起きやすい、がたつきによる傷やディレーラー・ワイヤー破損を避けられます。
特に、輪行した後に変速がおかしくなったという経験をされた方に使っていただきたいです。

便利なオプション

エコトローリー

価格:7,150

駅や駐車場への移動が楽になるキャスター。ベルトで締めるので、ケースの底抜け防止にもなります
※飛行機に預ける時は取り外してください
※バイクポーター for TTには標準で付属します

ホイールバッグ

価格:9,900

前後のホイールをずらして収納。
持ち運びや保護に適したスリム形状のホイールバッグです
※バイクポータースタンダード・プロ用

軽量キャリーフロアポンプ

価格:4,070

普段はフロアポンプ、持ち運び時はコンパクトに畳める輪行用空気入れ。 10barまで入るので、これ1本だけで普段使いから輪行まで対応できます。

オリタタミスタンド

価格:6,050

レース会場でバイクを立てかけて作業できる、携帯スタンド。折りたためて440gと軽量(一般的なスタンドの1/5)だから、遠征時にも便利。