LUMINAs Entryは、LUMINAが選んだ国内・海外のトライアスロン大会・イベント特集。ネットで今すぐ申し込み!

12th Palau Triathlon 赤道直下、南太平洋の楽園トライアスロン!

第12回パラオ・トライアスロン

☆第12回 パラオ・トライアスロン

■日時
2019年11月9日(土)

■種目
オリンピックタイプ(S1.5Km, B40Km, R10Km)

■募集開始
8月5日(月)

■募集締切
10月25日(木)

■募集定員
300名(但し、現地パラオ、グアム、台湾、UAS、日本等々の合計)

■参加条件
・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、 不可とします。これに同意される方。

・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。

・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。

・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方

■参加費
18,000円
現地参加費と日本人参加費は同一額ではありません。日本の参加費に対して、現地選手の参加費は半分以下です。 何故なら、 経済大国日本とは個々の収入に大きな格差があるからです。この事情を承知の上、ご参加ください

■オフィシャルツアーに関して
・㈱グッドウィルツアー(担当 座間、武藤 tel:03-5942-7315/ メール:info@goodwilltour.com へお問い合わせください。

■現地登録&競技説明
現在未定、申込終了後の大会案内で通知します。

■アワードパーティ
翌10日(日)夕方にPPRプールサイドでキッズイベントとの合同パーティを予定

■島と大会の概要
パラオ共和国とは
神戸市の南方約3,000kmに位置し、赤道近くの太平洋上に浮ぶ常夏の島嶼国です。 200以上の島々からなり、人が住んでいるのは僅か9島だけで残りは無人島のまま。 人口が集中し、経済の中心はコロール島。

今尚、手付かずの自然が多く残り、謎が多いミステリアス・アイランドとして世界にその名を知られています。 また、世界中のダイバーの憧れの島であり、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ等々から大勢のダイバーが訪れます。

1920~1947年まで日本の統治下にありました。 人口約2万人、通貨はUSドル、公用語は英語とパラオ語(日本語もパラオ語として流通)、 日本との時差はない。治安は良い。

■レース後、皆さんのレース中の写真をKFCウェブサイトで閲覧&ダウンロード(無料)の予定です。

■大会についての最新情報は 「KFCトライアスロンクラブ通信」 に随時アップしています。

  • PAGE TOPへ
  • PAGE TOPへ
  • PAGE TOPへ

大会概要

開催日
2019年11月9日(土)
募集締切:
2019年10月10日(木)
開催場所
南太平洋の楽園「パラオ共和国」
概要
主催ベラウ(パラオ)トライアスロン連盟
後援パラオオリンピック委員会、パラオ政府観光局、パラオ・パシフィック・リゾート(PPR)
協賛KFCトライアスロンクラブ
募集開始2019年8月5日(月)
お問合せKFCトライアスロン事務局
その他トライアスロンURL
http://www.kfctriathlon.jp/html/event_triathlon.html#2010_palau

種目概要

概要

種目トライアスロン
距離オリンピックタイプ(S1.5Km, B40Km, R10Km)
参加費18,000円(税込)(別途、手数料が5%掛かります)
参加資格・参加費のキャンセルは募集締め切り日前は全額(但し、送料差引き)返金します。それ以降の返金はほとんどの費用が発生しているので、 不可とします。これに同意される方。

・大会中に負傷または死亡等の事故に遭遇した場合、主催者及び大会関係者に対する責任の一切の免除に同意される方。

・大会に関連するマスコミ報道等々に、名前及び写真を自由に使用することに同意される方。

・気象状況や天災及びその他の理由で大会競技が中止になった場合、参加申込金が返金されないことに同意される方
募集定員300名(但し、現地パラオ、グアム、台湾、UAS、日本等々の合計)
エントリー